闇お金の嫌がらせはTELのみ

闇金銭組合は自分たちが法を犯したことをやるという自覚があります。そのため、終始お巡りさんに検挙繋がることを留意しつつ闇金銭商いを行っています。従って、闇金銭組合が不用意に借入人に接触するといったことはありません。ヤクザみたいな第三者が住まいに直接来て回収を行うなんてことはほぼないということです。そういったことしてお巡りさんを呼ばれたら終わりですからね。

 

その代わりとして闇金銭組合が行うのが、電話を用いての執拗嫌がらせだ。借入人本人への催促の通話から訪れ、現場、物証第三者などへ執拗までに嫌がらせの電話を行っていきます。借入人が嫌がることは、電話を用いてできることなら、とりあえず何でもやり遂げるという生き方だ。

 

よくあるのが、無言通話や硬い声色での威嚇の通話。そうして、深夜に受け取る繰り返しの催促の通話だ。上記のように、直接闇金銭組合が乗り込んで現れるは乏しいのですが、通話だけでもこれだけ執拗にやられるといった段々と気の病になってきて、徐々に心理が弱っていきます。

 

また、法人にも当てこすり出向く結果、現場に迷惑をかける結果仕事を失うこともあるようです。やっぱ、通話だ。酷い都合だと、住まい周辺のご近所ちゃんにまで不具合電話をすることもあるようです。このようなことを増やす結果、闇金銭組合はともかく金銭を払わせようとするわけです。

 

嫌がらせ通話に屈しない

では、こんな通話中心の闇金銭業者による嫌がらせにはどのように戦術すれば良いのでしょうか。回答から述べてしまうと、嫌がらせに必ずしも屈することなく見逃し積み重ねるということです。一部始終聞き入れることなく、目標があきるまでひたすらに我慢するということですね。つらいかもしれませんが、これが一番です。

 

逆に、最高峰やってはいけないことは、嫌がらせに根負けして少額も闇金銭組合に支払をしてしまう点だ。嫌がらせに影響があったと闇金銭組合が判断したら、そのままグングン執拗に嫌がらせを通じてくるでしょう。少額の支払は相手に付け入る隙を与えてしまうことになるのです。

 

繰り返し述べておることですが、目標が闇金銭組合な時点で法的には支払の勤めは借入人には一部始終ありません。行うことは、闇金銭組合への手当を専門の弁護士や裁判所書士にゆだねる点だけです。プロの連中に闇金銭組合との交信にを丸投げし、後は嫌がらせが終わるのを待つのみです。

 

少しずつも闇金銭組合の言うとおりにお金を返していては、いつまでたっても嫌がらせは止みません。毅然とした見解で嫌がらせを見逃し、弁護士や裁判所書士の指示通りに働くことを心がけましょう。これが闇金銭対策の唯一として鉄壁のソリューションになると思います。

 

闇金相談

TOPへ